行楽の秋スペシャルーポルトガル紀行

 20 Oct 2018 02:14:05 pm

ポルトガル・・・多分一生行かない所・・・
それが写真で見られるんんだから良い時代になったものです

歴史情緒あふれる素敵な街並みですねぇ



歴史ロマンを掻き立てる水上のお城・・・
ヒロイックファンタジーの舞台になりそうです



Nさんによると、事前にポルトガル語を勉強していったのと
少しかじったスペイン語が役に立ったそうです

私なんか何をかじったって歯ぐきから血が出る程度で何の役にも立たなそうです・・・

色合いが可愛いですね!



Nさんに「ポルトガルって何語?」とか間抜けな事を聞きましたが
(もちろんポルトガル語でした)
考えてみたら「カステラ」「ボタン」「カッパ」などの
語源になったのはみんなポルトガル語でしたっけね

すれすれの路面電車・・・
同じ民家すれすれの路面電車でもアジアの物とはぜんぜんイメージが違いますね・・



こちらも、中国でも狭い路地に洗濯物がたくさん干してありますが・・
なんとなくおしゃれな感じです。



いいなぁ・・これで猫さんが居てイケメンがいるんだから
良い所ですよねぇ・・・

でも、行かないだろうなぁ・・・。

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  行楽の秋ー3「世界猫歩きーポルトガル編」

 18 Oct 2018 01:44:59 pm

私の秋の行楽は終わってしまいましたが・・・

太極拳仲間のNさんから「世界猫歩きーポルトガル編」が
届きました!

ポルトガル〜〜!?
ポルトガルってあの「バテレン」だの「カピタン」だのが居るあのポルトガル??
私にはこのていどの知識しかありません。
(江戸時代の人間か?!)

そのポルトガルのネコさん達です



「リスボンからバスで1時間ほどの郊外、オビドスという時の王妃様が保養のために作らせた
小高い丘にある雅な村で、出会いました。」
との事です



「次の子は、同じくリスボンから電車で1時間ほどのシントラという
やはりお城のある街の猫さん。観光客が横をバンバン通ってて、
何人かにむにゅむにゅ触られてたんですが。石のように動きませんでした。」

Nさんは語学が堪能で、ヨーロッパ諸国を良く旅行しています。
今回もポルトガルへ旅行に行ってきたとの事。
私が「歴史の教科書や、時代劇では良く聞くけど現代のポルトガルってどんな所?!」と
尋ねたところ「イケメンがたくさんいた」との事

猫もイケメンも見ると癒されますね〜〜〜
次はポルトガルの風景です!お楽しみに〜

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  行楽の秋ー2

 16 Oct 2018 01:54:55 pm

「上毛野はにわの里公園」

やはりこれも以前NHKの番組でやっていました
復元された「前方後円墳」です。

群馬県にあるのは知っていて、行ってみたいなーと
思っていたのですが、なんと「土屋文明記念文学館」の
お隣にありました 

「えー?!前方後円墳があるよ!はにわはにわ!!」
とびっくりしてしまいました

「土屋文明記念文学館」を出た後、まだ明るかったので早速見学しました。



この写真を撮った後、「通路の無い石垣には登らないでください」と言う
立て看板を見つけました・・・すみません・・・



NHKの番組で詳しく説明の有ったはにわ


5時近くなってしまっていたので
急いで見て回ったのですが、今度ゆっくり行きたいです。


ここは一度行ってみたいと思っていたところなので
偶然行けて良かったです

今年の「秋の行楽」はこれで終わりです

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  行楽の秋ー1

 15 Oct 2018 11:21:45 am

行楽の秋・・・ですが・・・
今年はお天気が今ひとつ・・・

その上秋は太極拳の行事も多くてなかなか出かける事が出来ません。
先日、合間を縫って行ってきました
「南総里見八犬伝」展

高崎市の「群馬県土屋文明記念文学館」で開催されています。

bungaku.pref.gunma.jp/events/1430



近くだから、と思って行ったら、結構遠かったです。
入場が4:30まで、の所、4:20くらいに滑り込みました。
他のお客さんもいなくて静かにみられました。

私にとっての「八犬伝」は昔NHKでやっていた人形劇です。
多分同年代の方は皆さんご存知だと思います

坂本九さんの名司会、辻本寿三郎さんの妖艶でリアルな人形たち
事あるごとに邪魔をしようとする恐ろしい怨霊の玉梓・・・・
毎日ワクワクしながらテレビに見入りました

原作の「南総里見八犬伝」は大長編でお話は複雑、
玉梓の怨霊もそれほどは登場しないのだと知ったのはかなり後の事でした。

NHKの人形劇では八犬士の中の犬塚志乃を主人公に
玉梓をラスボス?にして分かりやすくまとめたお話になっていました。
(それでも長かった!この脚本描いた人は凄いです)



八犬伝の舞台は群馬県もたくさん入っていた事を初めて知りました。
そう言えば今年は戌年・・・タイムリーです

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  おかしな話・・・・

 13 Oct 2018 12:42:46 pm

「東京医科大学の不正入試」・・・・
私には大学入試は縁のない話ですが 

テレビでこの話題を取り上げた時の街頭インタビューが気になりました
「それはちょっと問題があるとおもいます」だの
「良くないことだと思います」だの・・・

なんだかおとなしい意見ばかり
みんな、なんでもっと怒らないの???
「不正」が行われていたんですよ、大学入試で・・・!!!!

今の時代に女性だから落とすなんて考えられません?!
太極拳の試験で女性だからと落とすなんてありえないでしょ?

もっと怒って良いと思うのですが??
不思議でなりません

男性だって
「良いよね男は馬鹿でも大学入れてもらえるから」と言われても良いんですか?

大学入試は縁が無くてもこれから色々な病気等で
お医者さんにはお世話になると思います。
実力が無いのに男性だからと言って医者になった人に
見てもらいたくありません。

「今の日本でこんなことが有って良いのか?!」と私は怒り心頭でしたが、
どうも世間では怒ってる人はあんまり居ないようですね??
(まあ、他にも考えられないような事件がたくさんあったせいかもしれませんが)

東京医科大学だけでなく、他の大学でも行われていたらしいですから
日本にはやはり差別を肯定する土壌が在るんでしょうね・・・。

他にもおかしいと思う事は多々あります。
学生の時は「学業の邪魔になるから」と女子生徒は化粧を禁止されますが
就職すると「化粧をきちんとするのが女性として当然」の様に言われます。
(私は自営業なので好き勝手にしていましたが)

友人の看護婦が「失礼だからお化粧くらいちゃんとしなさい」と
怒られた、と言う話を聞きました。

おかしな話ですよね。

ほーーーんと、おかしな話です。

これは私が20代の頃の話です。
この頃はこれが社会的に当たり前の時代だったので
言っても「おかしい」と思う方は少なかったと思いますが
今はかなり個々の個性が尊重される時代になったので
「おかしい」と感じてくれる人も多いと思います。

「社会の常識」なんてこんなものですよね

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |



ページ: 1 2 3 ...251 252 253 Next
Apr 2018 5月 2018 Jun 2018
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
心技太拳のお店はこちらです
人気ブログランキング!

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索

組織化