11 May 2008 10:46:27 am

今年は雨が多いですね。
普通、5月と言えば良いお天気のたとえになるくらい晴れるはずなんですが・・。

私は朝が苦手です。
お日様が出ればなんとか起きられるのですが
雨だと何時まで経っても眼が覚めません・・・。
頭が働かず、うろうろ・・。
ゾンビみたいな感じですね・・・

でも、5月と言えば紫外線の季節でも有ります。
私は日光アレルギーがあり、あまりお天気が良い日は
室内に居ても首筋がひりひりしてきます。
花粉症も有るので
ひどい時には眼も充血してきます。
なのでマスクにサングラス
なるべく日光に当たらないようにして過ごしています。

友達に言ったら、
「あんたやっぱり吸血鬼だったのね〜 」と笑われました。

ゾンビになったり、吸血鬼になったり、
5月は忙しいです・・・。

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  映画の話ー1

 10 May 2008 08:47:52 am

映画、「少林少女」を見てきました。
お客様で「少林少女で柴崎コウさんが着ている服を作れませんか?」と言う
ご依頼が有ったからです。

始め、ラクロスをやっている時に着ている黄色い服かな?と
思ったら戦いのシーンで着ている白のジャケット風のチャイナでした。

カッコイイですよね
下は当社の黒のカンフーパンツと同じなので
問題は上着です。

作れない事は無いのですが、
あの形は実際着るととても動きづらいです。
会社の在庫の生地で白っぽいのが有ったから
それで作ってみようか?と思います。

問題は前開きの部分ですが
映画ではぴったり縫い合わせて有るように見えますが
それでは脱ぎ着が出来ないのでそこをどうするか?ですね : 。

本当は、映画公開に合わせて主人公の着ている服と
同じ物を発売したりすれば売れるのかもしれませんが・・・。
なかなかそれも難しいんです

でも、カンフー君でも出ていた少林寺の小坊主君たちが
着ている黄色い練習用の服とかは
そのうち作ってみたいなぁ・・と思ってます

映画の内容は・・・ まあ、あんなもんなんでしょうか・・。
お金をかけて作るんだからもう少しお話を考えれば良いのに・・・。
と思ったのは私だけでしょうか?

その後口直しに「相棒」を見てきました。
こっちは文句なしに面白かったです

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  あっと言う間に・・・

 06 May 2008 01:28:02 pm

連休が過ぎ去ってしまいました・・・。
今日は6日。
出かけていた間に溜まっていたメールにお返事出したり、
バタバタと過ごしています。

連休中にやろうと思っていた
部屋の片付けや、冬物の整理はまったく手がついていません
まあ、毎年こんな感じですが・・。

とにかくあと半日、溜まった仕事を片付けます。
さあ、大変っ!

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  5月

 02 May 2008 04:38:57 pm

5月になってしまいました。

注文も増えて来る季節です。

特に今年の5月は忙しくなりそうです。
実は当社従業員のS君が結婚するため
1ヶ月お国へ帰るのです。

S君の出身地はスリランカです。
遠いです・・・

スリランカ、日本ではあまりなじみの無い国ですが
紅茶と宝石の産地ですね。
でも未だに内戦が続き不安定な国です。
奥さんを連れて無事日本へ帰ってきてくれますように・・・。

さて、これから一ヶ月良く働いてくれていた一人分の仕事が回ってきます。
きっと連休明けたらてんてこ舞いだ〜

とにかくお客様たちにご迷惑がかからないようにがんばりますので
よろしくお願いいたします。

S君が帰ったら結婚式の写真アップしますので
お楽しみに!

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |

  命日

 29 Apr 2008 02:47:51 pm

4月の末は、昔一緒に住んでいた父の叔母に当たる方のご命日です。

私は生まれたときから居たので何も考えずに
「おばちゃん」と呼んでいました。

彼女は中国からの引揚者でした。
中国から引き上げてくる途中で3人の子供とご主人を亡くし
嫁ぎ先の家には入れてもらえなかったそうです。
家は本家なので生まれた家に帰ってきていたわけです。

私が小学校の時に亡くなってしまったので
そのことを知ったのは中学になって
一緒に引き上げてきたと言う父の叔父の話を聞いた時でした。
その叔父もとうに亡くなってしまい
今思えばどうしてもっと詳しく話を聞いておかなかったのか?と
後悔ばかりです。

狼の群れと、追ってくるソ連兵から逃げるのに必死だったそうです。
二人の幼い子供をつれ、逃げる途中でもう一人出産したそうです。
いったいどんな過酷な旅だったか、今では知る由も有りません。

目の前で自分の子供達が次々と死んで行くのを見なければならない
と言うのはどんな気持ちなのか。
やっとたどり着いた嫁ぎ先で
「亭主と子供を殺してお前だけが帰って来た!」とののしられるのは
どんな気持ちなのか。
今の平和な日本で暮らしている私には想像も出来ません。

そしてその後復興し発展してゆく日本の中で
どんな気持ちで生きていたのでしょう。

多分、たくさんの人が同じように何も言わずに亡くなって行ったのでしょうね。

今、一年で一番美しい季節です。
咲き乱れる花々を見るにつけ、「桜の下には死体が埋まってる・・」と言う
詩を思い出すのです。

今の日本の繁栄の下に
たくさんの無念の死が有るのです。

この季節になると、家の仏壇に入っている「おばちゃん」のご位牌と
中国で死んだ3人の子供達のご位牌をみてそう思うのです。

カテゴリー: General | Posted By : tai-chi |



ページ: Prev 1 2 3 ...243 244 255 256 257 Next
Nov 2018 12月 2018 Jan 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
心技太拳のお店はこちらです
人気ブログランキング!

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索

組織化